ホクロ除去の傷

メニュー
ほくろを取ると傷が付くの?

ホクロを除去した後は、どんな方法でも必ず傷はつくそうです。

くりぬき法の傷跡

この方法はほくろの周りごとくりぬいてしまいます。
すると、くりぬいた後に穴が開きますので、糸で縫う場合もありますが、私の場合は傷が最小限になるように、糸は一かけだけかけて皮膚をしぼめました。

傷跡はニキビをつぶしてしまったような傷で、赤く切除した切り込みがあり、しばらく赤みがあります。
1週間後にかけた糸を抜糸し、しばらく軟膏をつけていくと、3ヵ月後には傷口もほとんど目立たないです。

私の体験談的には、大きいほくろならば、くりぬき法の方が綺麗に治ります。
逆にレーザーだと、一度では済まないし、しばらく傷口が目立ちます。

炭酸レーザーの傷跡

この方法は、ホクロにレーザーを照射するので、傷口が根性焼きのような感じになります。
傷口はかさぶたになってゆくので、蚊に刺されたような傷で少しだけ目立ちますが、小さなホクロならばほとんど傷が目立ちません。

小さなほくろならば、炭酸レーザーがお薦めです
逆にくりぬき法だと、小さいので下手な医師では傷口のリスクも大きそうです。

どんな方法でも傷跡は残りますが、特におでこや鼻の部分のホクロに関しては、元々Tゾーンで油が出る部分なので、かなり綺麗に治るとお医者様は言っていました。

こんな傷の例もあります

残念ながら、まれにケロイドのように皮膚がぐちゃぐちゃのような傷跡になってしまう人もいるようです。(※医師の話では、ごく稀だという事です)

神経質な方の場合、くりぬき法の傷跡はかなり衝撃的に見えるかもしれませんが、時が経てばあまり目立たなく綺麗になりますよ。

inserted by FC2 system